使うほどに味がでるシンプルで爽やかなワキガ
ホーム > メニエール病 > メニエール病の症状と対処法

メニエール病の症状と対処法

メニエール病とは内耳からくる回転性のめまいや吐き気を主症状とする病気で、この症状を発作的に繰り返します。勿論個人差もあり、症状もまた様々で、原因は内耳が内リンパ水腫をおこし、内圧が上昇することにあります。その症状を引き起こす原因は判明されていませんが、アレルギーや血流不全、ウイルス、免疫力の低下、ストレスなどが挙げられています。

主な症状は回転性のめまいで、立っていても横になっていてもぐるぐると目が回るというもので、30分から数時間続く人が多いと言われています。低音が聞き取りづらくなり、反対に高温が響いて聞こえるという種の難聴、頭が重い、圧迫感のある頭痛、発作の前にひどい耳鳴りが始まり発作が過ぎると消失する耳鳴り、その他にも吐き気、傾斜感、幻覚感、眼振、閉塞感などが挙げられています。

発作時はとにかく安静にして症状が治まるのを待ちます。内服処方を受けている場合は薬を服用します。異常が出ている側を上にして、なるべく静かな場所で休みます。光や音の刺激の無い場所がよいでしょう。

メニエール病は耳鼻科の病気ですが、他にもめまいを主症状とする疾患は多種あるので、めまい外来を受診するのがベストでしょう。この疾患はCTやMRIで診断できるものではなく、平衡感覚や聴力を調べていう検査が主になります。治療は対症療法が主となりますが、病気の進行が止まらない場合は手術適応となり、その割合は1割程度です。メニエール病を完治させる生活習慣のコツ